データ化するだけで名刺を効率よく使うことができる

男の人と女の人

魅力的なウケとアプローチ

展示会場

目を引く装飾、他社と差をつけて印象に残るノベルティなど、展示会では顧客の心を掴むための工夫が必要である。しかし、自分達の売り込みや顧客の獲得・市場の正確な把握も、展示会だからこそ出来ることであり、幅広い方面にアンテナをはって取り組むことをオススメしたい。

費用を比較して選ぶには

メンズ

マーケティングオートメーションは、顧客データベースに登録する顧客の数によって月額料金が変動するのが一般的です。単純な月額料金の比較だけではなく、詳しいサービスの中身も比較して購入を検討しましょう。見積書を出してもらい、サービス内容や各種条件についても詳しく提示してもらうことが大切です。

最低限の費用で最大の効果

通話

電話代行サービスは経費削減や事業の合理化を図る上で頼りになるサービスです。活用する事で最低限のコストでサービス力の強化や効果的な販促策を打って行く事が出来ます。特に人件費、賃料共に高い東京には電話代行業者が数多く存在しているので豊富な選択肢の中から選ぶ事が出来ます。

ビジネス情報をフル活用

スーツ姿の人達

どこにでも持ち運び可能

来客や取引先の担当者などから受け取った名刺にはビジネスに必要な情報がたくさん詰まっていますが、量が多くなると整理が大変です。連絡が必要になって電話番号やメールアドレスを確認したくなっても、何冊もあるカードホルダーの中から探し出すのは時間がかかってしまいます。こんな時に利用すると便利なのが、名刺のデータ化サービスです。これは、名刺の記載項目をデジタルデータ化し、ファイルに整理するというサービスです。オペレーターが1件ずつ入力していくもの、スキャナで読み込んで自動認識するものなど、さまざまな種類があります。最近は、カメラで撮影するだけでデータ化できるスマートフォン用アプリなども出回っています。名刺をデータ化するメリットはたくさんありますが、まずは何と言っても情報の検索性が高まることです。紙片を1枚1枚めくっていくよりも、該当のデータを探し出すスピードが圧倒的に速くなります。データは氏名のアイウエオ順や市外局番別など、並べ替えや抽出が簡単にできるので、特定のデータをグループ単位で探し出すのも簡単にできるようになります。また、デジタルデータ化された情報は、コピーや持ち運びが容易になります。そのため、バックアップをとったり、組織内の他のメンバーと情報を共有したりする作業が非常に楽になります。複製したデータを自宅のパソコンやスマートフォンなどに収録しておけば、オフィスにいない時に急に連絡の必要が生じた時などに便利です。